つながる美術体験

自分がプレイヤーになること

スポーツ(例えばバスケットボールや卓球)を観戦、応援することと、実際にスポーツを自分がプレイすることは、それぞれとても楽しく、自然に生活に溶け込んでいる行為だとおもいます。それと同じく、好きな絵を観ることと、好きな絵を自分が描くことも、それぞれとても楽しく生活に取り入れることができるのではないでしょうか。つながる美術体験では、「絵を自分で描く」体験の獲得を第一に考えています。継続的に絵を描くなかで、彼らが何を考えるのか。そして、彼らの作品を見て、誰かが「自分も絵を描きたい」と思ってくれたらうれしいです。

 
 

©2019 by 特定非営利活動法人岡山高等学院. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now